RSI/遠隔同時通訳システム 2020年6月リリース!

RSI/遠隔同時通訳システムとは?

RSI = Remote Simultaneous Interpretation = 遠隔同時通訳
同時通訳をクラウド上でプラットフォーム化し、利便性と効率生の向上を実現!
クラウドを用いた新しい同時通訳システムで、これまでの同時通訳の課題を解決!
AClient(聴衆)

聴衆は自分のスマホやタブレットで同時通訳の聴取が可能!

BInterpreter(通訳者)

通訳者は遠隔から同時通訳が実施可能!

CStreaming(配信者)

誰でも手軽にライブストリーミング可能!

DAdministrator(管理者)

管理者は短時間でイベントを準備可能!

製品名:interpretex(インタープリテックス)

株式会社コングレ・グローバルコミュニケーションズが、RSIの interpreteX を用いて、
同時通訳の新たなソリューションを提供致します。
開発者:株式会社ABELON

なぜRSI/遠隔同時通訳システムなのか?

従来の同時通訳の課題(コスト・セキュリティー・手間・確実な手配)を解決!

特長1聴衆はスマートフォン・タブレット・パソコンがあればご利用可能!
アプリのインストールが不要!

解決できる課題
コスト
手間
  • 同時通訳の専用機材の手配が不要です。それに伴い受信機の配布・回収も不要、紛失リスクもありません。
  • 業務上及び生活上で保有しているデバイスでソリューションが利用でき、高い利便性を実現します。
  • ブラウザで動作するため、アプリのインストールは不要です。
     -パソコンブラウザ:Mac/Win Chrome
     -モバイルブラウザ:iOS Safari / Android Chrome
  • スマートフォン・タブレットはモバイル回線(4G/5G)やWi-Fi での御利用が可能です。

特長2通訳者はクラウドを利用し離れた場所から同時通訳音声を配信可能!

解決できる課題
コスト
手間
確実な手配
  • ネットワーク環境があればどこでもクラウドを通じて、音声・映像の送受信が可能です(有線LAN必須)。
  • 通訳者が、遠隔地から訳出音声を送信可能。通訳者の出張が不要です
    (国内・海外問わず)。
  • 緊急で通訳手配が必要な場合、通訳者が自宅から同システムで参加が可能です。
  • 通訳業界の繁忙期でも、通訳者および同時通訳機材の在庫を気にせず確実に手配可能です。

特長3WEB会議システムとの併用でリモート会議を円滑に実施!

解決できる課題
コスト
手間
  • 通訳者は、WEB会議の映像と音声をモニタリングをしながら、 interpreteXに同時通訳音声を流します。
  • 会議参加者が全員在宅勤務の場合、WEB会議システムで会議音声や映像を共有し、interpreteXで通訳音声を流すことで、スムーズな会議進行と通訳音声配信を実現します。

特長4圧倒的なコスト削減を実現!

解決できる課題
コスト
手間
  • プラットフォーム使用料は「分単位」で、ご利用頂くデータに応じた従量課金制となります。
  • 通訳者の出張に係る費用が不要になります(通訳者を出張させる必要が無くなります)。
  • 同時通訳機材の運搬費、設営・撤去費が不要になります(御用意する機材によってこれらの費用が発生する場合もございます)。

特長5EV SSLを取得!万全のセキュリティ対策

解決できる課題
セキュリティ
  • SSLより厳格な審査基準のEV SSL*を採用。
     *EV SSL=Extended Validation SSL
  • 会議ごとに専用のIDとパスワードが付与されるため、
    社内で interpreteX を同時に使う会議が発生しても
    混信することがありません。
  • 企業情報や機密情報を含む音声の送受信を前提に
    厳格な基準のSSLを採用!

特長6同時通訳を行う前提で設計されたソリューション!

  • interpreteX では各デバイス上でオリジナル音声・各言語音声ラインをボタン一つで切り替えて聴くことが可能です。
  • 通訳者用のインターフェイスは、複数名体制が必要な同時通訳業務を推進するための仕様となっています。通訳者の交代、通訳時間計測、チャンネル選択、音声のボリュームコントロール、会議会場の映像の視聴等の機能全てが1画面に集約され、操作可能です。
  • 使用言語3言語以上のリレー同時通訳も対応可能です。
  • ファイル送信可能なチャットで資料データも簡単に共有可能です。

遠隔通訳センターを開設!RSIのメリットを最大限活用します。

通訳者が通訳業務に集中できる環境を整備しております。

  • 遠隔通訳センターにはエンジニアが常駐予定で、RSIシステムに何か問題が発生した場合や、通訳者が使用方法に不安がある場合でもフォローできる体制を整えます。
  • お客様の会議室スペースを使うことなく遠隔通訳の音声をお届けします。
  • ネットワークセキュリティ、ブース間の機密性を万全にし、安心して御利用頂ける環境を整備しております。
3駅を利用できる好立地に開設。通訳者も比較的アクセスしやすい東京駅周辺としました。
  • 場所:東京駅徒歩12分・八丁堀駅徒歩6分・宝町駅徒歩3分
  • ブース設置数:4台(それぞれ2名まで着座可能) ※通訳3名体制の場合の3人目待機スペースも完備
  • PC SPEC:タッチパネルPC8台(Windows10)

RSI/遠隔同時通訳システムの活用ケース

社内会議-1interpreteXのみ活用

なし
会場の音響装置
あり
地方・海外拠点の参加者
なし
発言者は本会議室のみ
あり
インターネット環境
詳細についてはお問い合わせください

社内会議-2WEB会議システムとの併用

なし
会場の音響装置
あり
地方・海外拠点および在宅勤務の参加者
あり
発言者は各会場から
あり
インターネット環境
詳細についてはお問い合わせください

社内セミナー形式-1(タウンホールMTG、説明会、研修会等)interpreteXのみ活用

あり
会場の音響装置
あり
地方・海外拠点の参加者
なし
発言者は本会議室のみ
あり
インターネット環境
詳細についてはお問い合わせください

社内セミナー形式-2(タウンホールMTG、説明会、研修会等)WEB会議システムとの併用

あり
会場の音響装置
あり
地方・海外拠点の参加者
あり
発言者は本会議室のみ
あり
インターネット環境
詳細についてはお問い合わせください

カンファレンス形式(シンポジウム、大型セミナー等)interpreteXのみ活用

あり
会場の音響装置
あり
地方・海外拠点の参加者
あり
通訳ブースが必要な場合
あり
インターネット環境
詳細についてはお問い合わせください

料金表

課金は分単位!必要最小限のコストでご利用可能です!

         
品目 単位 単価
Client(聴衆) 1.25円/分(60分利用で75円)
Interpreter(通訳者) 人・台 8.33円/分(60分利用で500円)
Streaming(配信者) 8.33円/分(60分利用で500円)
Administrator(管理者) 8.33円/分(60分利用で500円)

※同時通訳者の手配については別途費用となります。同時通訳者の料金はこちらから

※ストリームと通訳配信されている間のみの課金となり、配信を終えると課金も自動的に終了します。

※その他、エンジニアの手配やパソコン・カメラ・ミキサーなど各種機材など、必要な場合は都度お見積りいたします。

RSI/遠隔同時通訳システムについて、
お見積りのご依頼や、ご質問・ご不明点など、お気軽にご相談、お問い合わせください。

※オンラインでの打合せも可能です。

従来の通訳サービスについてもご相談・お問い合わせ受付中です。

※オンラインでの打合せも可能です。