メインイメージ

HOME > プライバシーポリシー、コンプライアンスポリシー

プライバシーポリシー

◆個人情報保護方針

株式会社コングレ・グローバルコミュニケーションズは、クオリティを重視した語学・人材サービスの提供を通じて、地域の活性化・国際化に貢献することを目指しています。

当社は、サービスを提供する中で取り扱う個人情報の重要性とプライバシー保護にかかわる責任の重大性を認識し、お客様や取引先及び従業者をはじめ広く社会から信頼を得るために、次のとおり「個人情報保護方針」を制定し、全社をあげて個人情報の適切な取扱いに努めています。


  • 1. 体制及び責任を明確化するために、個人情報保護管理責任者並びに個人情報保護監査責任者を置き、 個人情報の
      取扱いに関する規程類を策定し、従業者に研修などを通じて周知・徹底を図ります。
  • 2. 個人情報の取得にあたっては、予めその取得・利用目的を明確に定めます。 本人から、書面で個人情報を直接に
      取得する場合には、予め、書面によって本人に明示し、同意を得たうえで、必要な範囲の情報を取得し、その範囲
      内で利用及び提供を行います。 また、必要な範囲を超えた個人情報の取扱い(目的外利用)を行わないために、こ
      の方針及び利用目的を定めた「個人情報の取扱いについて」を文書化し、従業者に周知するとともに、一般の人が
      入手可能にします。
  • 3. 当社は、お客様や取引先及び従業者に関する情報を利用目的の範囲内において他の事業者へ委託することがありま
      す。 その場合は、当社の個人情報保護水準を充たしている委託先を選定するとともに、個人情報保護に関する契約
      を締結し、 当社の責任において管理・監督を行います。
  • 4. 個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正のため、合理的な安全対策を講じま
      す。また、万一事故が生じた場合には、内容を速やかに本人に通知し、又は本人が容易に知り得る状態に置くこと
      を含む適切な対策を講じます。
  • 5. 個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守します。
  • 6. 適切な個人情報の保護を維持するために、定期的に監査を実施し、 個人情報保護マネジメントシステムを継続的
      に改善します。
  • 7. 開示対象個人情報について、本人からの利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び
      第三者への提供の停止等の依頼、苦情及び相談への対応は、 個人情報お客様相談窓口より本人の確認をさせていた
      だいたうえで、遅滞なく対応します。

当社は以上の方針を改定することがあります。その場合、すべての改定は当社のホームページで通知します。

   制定日:2014年12月25日
   株式会社コングレ・グローバルコミュニケーションズ
   代表取締役 武内 紀子

◆個人情報のお取扱いについて

  • 1. 当社が取得・保有する個人情報の利用目的
     ・ 当社のサービス・商品(語学、人材サービス)の提供のため
     ・ 仕事の紹介のため(人材サービス)・ 当社サービス・商品の決済、発送等のため
     ・ お客様、取引先及び従業者からのお問合せ等に関する対応のため
     ・ 新サービス、新商品、イベント等に関するご案内のため
     ・ アンケート等による市場調査のため・ 新サービス・新商品の企画、開発、マーケティング活動のため
     ・ 従業者の雇用管理のため

     お客様、取引先及び従業者による、本人の個人情報の当社への提供は、いささかも強制されるものではありません。
     ただし、もし当該情報の提供がなかった場合、当社のサービスの全部若しくは一部を受けられなくなる可能性があ
     ります。
  • 2. 当社が取得した個人情報の第三者への提供
     当社は、次の場合を除いて、お客様、取引先及び従業者に関する情報を本人の同意なしに第三者に提供することは
     ありません。
     ・ 本人の同意がある場合
     ・ 法令に基づき必要な場合
     ・ 利用目的を達成するために、守秘義務契約を締結した業務委託先に提供する場合
     利用目的を達成するために、お客様、取引先及び従業者に関する情報を提供する各信用機関との間では、守秘義務
     契約を交わしています。なお、本人から個人情報の提供停止を求められた場合、遅滞なく対応します。
  • 3. 当社が取得した個人情報の委託について
     当社は、お客様、取引先及び従業者に関する情報を利用目的の範囲内において他の取引先へ委託することがありま
     す。
     その場合は当社の個人情報保護水準を充たしている委託先を選定するとともに、個人情報保護に関する契約を締結
     し、当社の責任において管理・監督を行います。
  • 4. 個人情報保護のための安全管理
     当社は、お客様、取引先及び従業者の個人情報を保護するための規程類を定め、従業者全員に周知・徹底を図り、
     啓発・教育を行うとともに、その遵守状況の監査を定期的に実施します。また、個人情報を保護するために必要
     な安全管理措置の維持・向上に努めます。
  • 5. 開示・訂正・利用停止等の手続、手数料
     お客様、取引先及び従業者は、当社が保有する本人の個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、利用停止等を求
     めることができます。
     開示請求については、当社所定の開示請求書に必要事項を記入のうえ、本人確認書類※ (運転免許証、パスポ
     ート、写真付き住民基本台帳カード等、写真付きの身分証明書で公的機関が発行したもの) のコピーとともに、
     当社「個人情報お客様相談窓口」宛てにご郵送ください。
     開示請求書については、当社「個人情報お客様相談窓口」宛て電子メールにてご請求ください。折り返しお送り
     します。
     なお、開示請求にあたり、手数料は無料といたします。開示請求に対する当社からの回答書については、本人宛の
     郵送を基本とさせていただきます。また、訂正・利用停止等の請求については、本人確認後、請求権の有無を確認
     したうえで訂正・追加・削除若しくは利用停止します。

    ※本人確認書類の中には当社が取得を禁止している機微な個人情報である「本籍地」が含まれている場合があります
     が、お預かりした本人確認書類の個人情報に関しては、開示請求、訂正、利用停止等の手続きにのみ利用します。
  • 6. 個人情報の取扱いに関するお問合せ、苦情及びご相談窓口
     当社の個人情報の取り扱いに関するお当社の個人情報の取り扱いに関するお問合せ、苦情及びご相談については、
     下記までお申し出下さい。直接ご来社頂いてのお申し出はお受け致しかねますので、その旨ご了承賜りますようお
     願い申し上げます。

     個人情報お客様相談窓口
     TEL : 03-3556-4888
     FAX : 03-3556-4887
     住 所 : 〒102-0083 東京都千代田区麹町5-1 弘済会館ビル2階

  • 7. 当社が対象業者となっている「認定個人情報保護団体」の名称及び苦情の解決の申し出先
     当社は、次の認定個人情報保護団体の対象事業者となっています。

    17002438_100_JP
     名 称 :  一般財団法人日本情報経済社会推進協会
     苦情の解決の申し出先:   プライバシーマーク推進センター個人情報保護苦情相談室
    (一般財団法人日本情報経済社会推進協会)



  • ◆Webサイトにおけるセキュリティ
    当社Webサイトよりお客様や取引先及び従業者の個人情報をご提供いただく場合、第三者による盗聴や改ざん、
    なりすましの防止を目的として、SSL(Secure Sockets Layer)による暗号化通信を使用しています。

  • ◆クッキー等の使用について
    当社Webサイトでは、ご利用の皆様の利便性向上、当社商品サービスの品質向上、広告の配信、および統計データの取得のため、閲覧されたWebページなどのデータ(閲覧履歴)をクッキー(※)という技術を利用して取得しています。 なお、当社Webサイトでは、閲覧履歴と保有する個人情報を用いて、サービス・キャンペーンなどの情報提供、アンケートの依頼、サービスの改善などに利用することがあります。

    ※クッキー(Cookie)とは、Webサイトの運用に関連するサーバーからブラウザに送信する情報で、皆様のコンピューターに記録されます。ただし、記録される情報には、皆様の氏名、住所、電話番号など個人を特定する情報は含まれておりません。Cookieを使用した情報収集を受けたくない場合にはブラウザ上の設定でクッキーの受け入れを拒否することができますが、Webサイトの機能の一部をご利用いただけなくなる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

  • 制定日 : 2014年12月25日
    最新改訂日 : 2017年10月20日
    株式会社 コングレ・グローバルコミュニケーションズ
    個人情報保護管理責任者 管理部部長

コンプライアンス・ポリシー

このコンプライアンス・ポリシーは、コンプライアンスに関わる株式会社コングレ・グローバルコミュニケーションズの基本方針を確認し、役員および社員の行動指針を定めることを目的とする。
当社の代表は、このコンプライアンス・ポリシーを社内に周知徹底するとともに、実効性のある社内体制の整備を行う。


◆基本方針

  • 1. 当社は、1)よい仕事をする(クオリティ重視)、2)地域の活性化・国際化を通して社会に貢献する、3)いきいきした社員の集合体を実現する、を目標に掲げ、社内一体となってその一層の実現に努める。
  • 2. 当社においてコンプライアンスとは、法や道徳、法令等の社会規範および社内諸規程を、高い倫理観をもって遵守し、事業活動を行うことをいう。
  • 3. 当社は、上述の目標を実現するためには、コンプライアンスが必須条件であることを確認する。
  • 4. 当社の役員および社員は、この基本方針をよく理解し、以下の行動指針に基づいて行動する。

◆行動指針

  • 1. すべての人の人権、人格を尊重し、差別をしない。
  • 2. 職場においてセクシャルハラスメントやパワーハラスメントを行わず、またこれらを許さない。
  • 3. 関連諸法を遵守し、公正・適正に業務および取引を行う。
  • 4. 当社の業務を誠実に遂行し、当社の名誉・信用を傷つけるような行為を行わない。
  • 5. 取引に際して、不正な利益の授受を行わない。社会通念上妥当な範囲を超える贈答・接待等は受けず、また行わない。
  • 6. 個人情報に細心の注意を払い、適正に管理・保護する。また、退任・退職後も、秘密を保持する。
  • 7. 当社の機密情報、また知り得た他人の機密情報を、適正に管理・保護する。また、退任・退職後も、秘密を保持する。
  • 8. 情報システムの影響力・影響範囲の大きさを十分認識し、適正に使用する。
  • 9. 当社の知的財産権を保護し、また他人の知的財産権を尊重し、侵害しない。
  • 10. 経費および財産等にかかる会計処理を適正に行い、経営の信頼性の確保に努める。
  • 11. より良き環境と持続可能な成長の実現のために、環境への負荷の低減に努める。
  • 12. 反社会的勢力に対し毅然とした態度で対応し、一切関係をもたない。
  • 13. 良き市民として、また良き企業市民に所属する一員として、地域・社会に貢献するよう努める。
  • 14. 事業活動のグローバル化に対応し、国際規範を守り、各国・地域の文化・慣習等を尊重する。
  • 15. 事件や事故を未然に防ぐ工夫を怠らず、万一発生した場合は、その影響範囲を最小に留め解決するよう努める。

制定日 : 2016年4月1日


▲ページトップ