企業情報
コンプライアンスポリシー

このコンプライアンスポリシーは、コンプライアンスに関わる当社の基本方針を確認し、役員および社員の行動指針を定めることを目的としています。当社の代表は、このコンプライアンスポリシーを社内に周知徹底するとともに、実効性のある社内体制の整備を行います。

基本方針

  1. 当社は、1)よい仕事をする(クオリティ重視)、2)地域の活性化・国際化を通して社会に貢献する、3)いきいきした社員の集合体を実現する、を目標に掲げ、社内一体となってその一層の実現に努めます。
  2. 当社においてコンプライアンスとは、法や道徳、法令等の社会規範および社内諸規程を、高い倫理観をもって遵守し、事業活動を行うことを示します。
  3. 当社は、上述の目標を実現するためには、コンプライアンスが必須条件であることを確認します。
  4. 当社の役員および社員は、この基本方針をよく理解し、以下の行動指針に基づいて行動します。

行動指針

  1. すべての人の人権、人格を尊重し、差別をしません。
  2. 職場においてセクシャルハラスメントやパワーハラスメントを行わず、またこれらを許しません。
  3. 関連諸法を遵守し、公正・適正に業務および取引を行います。
  4. 当社の業務を誠実に遂行し、当社の名誉・信用を傷つけるような行為を行いません。
  5. 取り引きに際して、不正な利益の授受を行いません。社会通念上妥当な範囲を超える贈答・接待等は受けず、また行いません。
  6. 個人情報に細心の注意を払い、適正に管理・保護します。また、退任・退職後も、秘密を保持します。
  7. 当社の機密情報、また知り得た他人の機密情報を、適正に管理・保護します。また、退任・退職後も、秘密を保持します。
  8. 情報システムの影響力・影響範囲の大きさを十分認識し、適正に使用します。
  9. 当社の知的財産権を保護し、また他人の知的財産権を尊重し、侵害しません。
  10. 経費および財産等にかかる会計処理を適正に行い、経営の信頼性の確保に努めます。
  11. より良き環境と持続可能な成長の実現のために、環境への負荷の低減に努めます。
  12. 反社会的勢力に対し毅然とした態度で対応し、一切関係をもちません。
  13. 良き市民として、また良き企業市民に所属する一員として、地域・社会に貢献するよう努めます。
  14. 事業活動のグローバル化に対応し、国際規範を守り、各国・地域の文化・慣習等を尊重します。
  15. 事件や事故を未然に防ぐ工夫を怠らず、万一発生した場合は、その影響範囲を最小に留め解決するよう努めます。

制定日:2016年4月1日